越後屋の『学び合い』帳

東京の高校国語科教員。『学び合い』と授業とクラスと。

面談とケース会議

午後は保護者面談2件と、面談に臨むためのケース会議1件。担任の若い先生が不安そうだったので、主任の先生と3人でケース会議をやりました。前にもリンクを貼りましたが、この本は最高です。

よくわかる学級ファシリテーション・テキスト―ホワイトボードケース会議編―

よくわかる学級ファシリテーション・テキスト―ホワイトボードケース会議編―

A3用紙を前に3人並んで座り*1、本人と関係者の情報と担任の不安を書き出していきます。発散→収束→活用の順にポイントを絞り、面談で必ず話題にする事柄を共有しました。
このおかげで、面談は無事に終了。保護者の方も、教員も、一定の納得を感じた、と思います。

*1:担任の先生と主任の先生には、僕の左右の席に座ってもらいました。並びで同じものを見ることでWEを意識しています。

成功する『学び合い』はここが違う!

成功する『学び合い』はここが違う!