越後屋の『学び合い』帳

東京の高校国語科教員。『学び合い』と授業とクラスと。

トップバッター

本日のロードレース大会は昨日のうちに中止と判断され、平常授業に変更になりました。適正な判断がくだされ、大きな混乱もなく、日常を過ごしています。
雪の影響で電車の遅延に巻き込まれた生徒もいましたが、事故らしい事故もなく、おおむね無事に登校できました。

さて、授業では座席グループで音読を繰り返しています。
句読点で交代するので、自分の番がすぐに回ってきます。時計回り、反時計回りなどは思いつきで決めています(これも生徒が決めればよいことですね。次回からはそうしよう)。
音読のトップバッターを決める際に、ちょっとした会話ができるように仕組んでいます。今日はこうしてみました。

登校する時、支障なくすんなり来られた人、死ぬ思いをした人、いるよね。「朝の大変自慢」をしてください。一番大変だった人から音読スタートです。音読が終わったら、各自でプリントを進めてね。それではどうぞ。

高校でも手軽に、学級ファシリテーション