越後屋の『学び合い』帳

東京の高校国語科教員。『学び合い』と授業とクラスと。

研究授業見学

初任者の先生の研究授業を見学しました。
学校設定科目なので、内容についてはサッパリわかりません。授業の構造だけを意識して見ました。自分にどれだけ「授業を見る目」があるのか、試されます。
二年次の先生も見学していたので、「この授業をどう見るか」をシェアしようとその場で約束しました。ますます、自分の目が試されます。後輩の先生に説明ができなければなりませんし、後輩の先生の視点からも学べなくてはなりません。

以前、尊敬する管理職の先生から

それだけ外で学んでいるんだから、職場に還元せい。

という内容のことを言われたことがありました。その時は初任校だったので、さまざまな制約(!)がありました。
いま異動して3年目になり、具体的にどう還元するか考える段階になりました。還元することが、僕自身の力量形成になるはずです。